Category: 酒・ドリンク

夏の飲み物

2016年8月2日(火)投稿

写真 2016-08-02 19 41 57

「夏の飲み物特集」やってます。

赤で消しているところはモヒートです。ミントが品薄中ですが数日後に復活します。

冷えた純米酒、かき氷もあります。



アブサンには早すぎる

2016年7月2日(土)投稿

写真 2016-07-02 22 14 06

ネストボックスでアブサンを・・・。

以前はそうやって前面にアピールしていたが、最近は酒棚の一番上、目立たないところにひっそりと置いてある。

僕も年をとった。酒に弱くなったわけではない。そもそも僕が飲んでもしかたがない。なんと言うか、アブサンを取り巻くファンタジーの夢からすっかり醒めてしまった感がある。

アブサンは中世ヨーロッパ、錬金術の副産物として誕生した。度数の高い蒸留酒で、ニガヨモギのエキスを含む。

ニガヨモギは微量の幻覚成分を含んでいる。その魔術に魅せられ、ゴッホやヴェルレーヌ、ロートレックなどの芸術家が想像力の源泉として浴びるように飲み、体を壊した。

危険な酒として20世紀初頭に製造禁止。ところが100年を経てWHOが製造基準をつくり、ようやく2006年に日本にも大っぴらに輸入できるようになった次第。

でも幻覚作用があるからといって創造力がわき出るはずもない。幻覚作用があるという話も一種の伝説みたいなもので、WHOが公式に認めているくらいだから実は毒性もない。過去の芸術家たちもアブサンの魔力にやられたわけではなく、単に酒の飲みすぎだろう。

ニガヨモギは新約聖書のヨハネの黙示録にも登場する。そのせいで錬金術師たちも好んでこれを調合し、時代とともにおどろおどろしい伝説が加わっていったのかもしれない。

でも物はためし。アイデアが出なくて苦悩している人、アブサン1杯いかがですか。

(じ)